今読まれている記事

大谷翔平

大谷翔平 9勝目に海外の反応『世界初の超サイヤ人』と絶賛

2022年7月14日

野球(ベースボール)が生まれた地アメリカの世界最高峰の舞台MLB(メジャーリーグベースボール)で、投手と打者の二刀流で異次元の活躍をみせる「大谷翔平(おおたにしょうへい)」選手。

2022年7月14日(日本時間)にロサンゼルス・エンゼルスの本拠地で行われたヒューストン・アストロズ――ア・リーグ西地区首位を独走中――戦に1番・投手としてマウンドにあがりました。

投手としては6イニングを4安打1失点12奪三振を奪う快投をみせ、打者としても4打数2安打2打点をあげる活躍。投打でエンゼルスの連敗を止める勝利に大きく貢献!

2年連続となるオールスター出場を前に、昨季自身があげた勝利記録に並ぶ9勝目をあげ、104年ぶりとなる「(1シーズン)2桁勝利&2桁本塁打」の記録に王手をかけました。

そんな偉業達成が迫る大谷選手の活躍に絶賛の声が多数あがっていた海外の反応を紹介します!

photo by Moto "Club4AG" Miwa

スポンサーリンク

海外の反応「大谷翔平 104年ぶり記録に王手!」

  • 大谷が投げると、エンゼルスが勝つ。
  • 翔平と大谷が同じ夜にプレーしている時が好きだ。史上最高のアスリート
  • 絶対に狂気。
    彼は野球の怪物だ。
  • 大谷が投げるときだけ
  • ひどいブルペンがまた試合を台無しにするんじゃないかと心配になった。
  • 最高の選手が最高のチームを倒す
  • マウンド上で12K、2RBIの三塁打と一塁打を放った翔平。MVP受賞
  • しかし、ハビエルのアウトがすべて三振でないにしても、ほとんどが三振で記録されているのは非常に残念。もし、大谷とトラウトがこのチームにいなかったら、エンジェルは毎シーズン100試合は負けるだろうね。
  • このように、4試合連続で10K以上の成績を残したエンゼルスの投手は、1972年のノーラン・ライアン、そう、50年前のGOAT、ノーラン・F'ing・ライアンその人である。
  • 大谷の連続0ER記録を止めたのは、アストロズではなくアデルだった。
  • 笑 アデルにボールが飛ぶ度に祈らないといけないのは嫌だなぁ😅

ポイント

ジョー・アデルは大谷翔平選手と同じエンゼルスに所属する選手。この日ライト(右翼)を守っていたアデルの怠慢守備によって大谷選手の自責点0記録が途絶えることとなりました。

  • エンゼルスに優秀な右翼手がいれば、大谷は連続0を続けていただろう。 アデルはチャージしなかった。
  • 正直なところ、彼は野球界で最も偉大な存在である。
  • 彼は良い選手だが、偉大な選手とは思わない。偉大な選手はチームを高めるものであり、それが重要だからだ
  • 翔平ほどチームの勝利に貢献した選手はいない。このようなMVP論議はやめるべきだ。ジャッジは1分間に何も打っていないのに、ヤンキースはまだ勝っている。エンゼルスは、翔平が登板しなかった過去38試合のうち、85%負けている。
  • アストロズという強豪を相手にした今日の活躍は、彼のMVPとしての価値を考えさせられるものでした。まだ疑っているのなら、ただのクレーマーです。
  • 大谷はビーストのよう。もう一つMVPに値する。エンゼルスは大谷投手と7勝0敗、彼抜きでは6勝25敗。(そして、トラウトは今日もプレーしていなかった。来シーズン、彼がプレーオフに進出することを願っている(笑)
  • 彼がMVPであることを証明するために他に何か必要でしょうか。彼の連続無失点イニングが途切れたのは残念だけど、エンゼルスは大谷が登板したときは6勝0敗、登板していない試合はほぼ全敗です。この男はプレートでランナーを呼び込み、マウンドで三振を奪っている。それがMVP候補の定義であるべきです。

ポイント

この試合で失点するまで大谷翔平選手は32イニング連続で自責点0を記録していました。

  • 大谷は日本人初のサイ・ヤング賞受賞者となるべき。
  • ああ、日本が世界初の超サイヤ人を育ててくれたことに感謝しないといけないな。
  • 大谷がマウンドに上がるとエンゼルスは試合に勝つが、彼がいないときは負ける。
  • 大谷は先発投手としてヤンキースやレンジャーズ、アストロズなどいくつかのチームに敗れているので、大谷がすべての試合に勝つことはないでしょう。
  • 世代に一人だけの才能! 大谷選手といえば、メジャーリーグで活躍する選手。メジャーリーグで大谷に匹敵する選手はいない。
  • エンゼルスが大谷のクローンを何人か作れればいいんだけどね。
  • 大谷の最高の才能がダブルAチームのエンゼルスにあるのはもったいない。ポストシーズンには他の強いチームに移籍してほしい。エンゼルスは大谷の、大谷による、大谷のためのチームでしかない。
  • 大谷はあのチームから去るべきだ。大谷はあのチームから去るべきだ。
  • 翔平はいい仕事をする。彼にとっては当たり前のこと。多くの人はまだ、彼がやっていることの素晴らしさを知らない。
  • 翔平と大谷がフィールドで支え合う姿はいつ見てもいいものですね😬
  • 大谷ほど見ていて楽しい選手はいない。

大谷翔平選手の二桁奪三振を奪う投球と自身とチームを助けるバッティングに賞賛の声が多く寄せられ、MVPに相応しいという声が早くもあがっていました。
昨季はオールスター以降少し苦しんだ印象がありますが、今季はオールスター以降も調子を維持して、昨季惜しくも達成できなかった「2桁勝利&2桁本塁打」の記録をぜひ達成して欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

https://ux.nu/aLDNa