今読まれている記事

日本車

海外の反応『新型クラウンSUVはデッドプールが乗りそう』と賛否両輪

2022年7月16日

一昔前「いつかはクラウン」と言われ、庶民の憧れの車だった「TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)」

トヨタにとって特別なブランドである「クラウン」がセダンとSUVが融合したクロスオーバーを始め、セダン、スポーツ、エステートの4つのタイプをひっさげて登場!

そんな挑戦的な新世代のクラウンとして注目を集める車種に対する海外の反応をまとめてみました。

photo by youtube

スポンサーリンク

【海外の反応】新型クラウン

  • 素敵な外観のフルサイズセダン。近未来的でレトロな感じがしますね。私はこの車の良さを知っていますよ。
  • このクルマのデザイン、トヨタに敬意を表します。エッジの効いたルックスです。私はそれが好きです!
  • 面白いデザインだけど、このモデルの2トーンスキームのファンとしてはあまり好きではない。
  • この新しいトヨタの外観が好きだ。いかにもな感じはしない。レトロでモダン。
  • フロントエンドのグリルはおじいちゃんのレミントン電気カミソリを思い出させる。レクサスのスタイリングが好きならきっと気に入るはず。
  • レトロモダンなクラウンを作り損ねた。
  • 特にトヨタにとって間違いなく面白い。ISを電動化するのを待ち望んでいる。
  • Bz4xとカローラの融合みたいだ。
  • このハッチバックを作らないなんて、正気か?
  • ツートンが好き......カッコいいというより、違うから好きかも!実際に格好いい車です。セダンも復活かな?
  • 2トーンペイントはダメですね。実際に車を見るのが楽しみ。僕はAvalonハイブリッドを検討しているんだ。
  • ツートンというからには、今、かなりの車種に設定されているルーフの色違いを期待していた。そしたらこの醜態。車体はいい感じだけど、このツートンのオプションは絶対にやめようlmaooo
  • 単色の方が良さそう。トヨタにしては上出来!!笑
  • トヨタのセダンは、タイヤノイズや車内ノイズが大きいのが気になりますね。クラウンが静かで高速道路でも快適だといいのですが。
  • 私は2006年のトヨタ・クラウンのフル装備車に乗って育ちました。ウッドとタンレザーのインテリア、時代を先取りしたスクリーン、カセットとCDプレーヤー...そして何より3.0V6とRWDです。エレガントで存在感があり、車内は非常に静かで速くはないけれど、そうである必要はない。私の心の中のクラウンは、常にエレガントな芸術品であり、スポーティなプラスチックで覆われた4気筒の惨状ではないのです。
  • デザイン的に、このトヨタはついにホンダに追いつき始めた 😓
  • デッドプールが乗りそうな車だな。
  • これ好きだわ。このリフトアップされたセダンの外観は最高。この車を手に入れられたら、私のアウトバックと交換するかもしれない 🙂
  • トランクとライトは、bz4xから持ち出されたように見えます。
    この車の欧州仕様(米国仕様の半分の大きさのグリル)を想像すると、信じられないくらい、かなりスポーティーに見えるでしょう。
    もし、これが欧州で発売されたら、カムリの販売台数はかなり落ち込むかもしれませんね。
  • これは本当に興味をそそられます。大型のAWDハイブリッドセダンはすごいと思います。現在のアバロンとESの問題は、AWDのアンダーパワー4気筒かV6のどちらかを選ばなければならなかったということです。デザインは、現行アバロンより確実にアップグレードしています。私は間違いなく1つをテストドライブすることになるでしょう。最大の懸念は市場での入手性でしょう。
    価格的にはESをあまり踏襲できないと思うので、フル装備で4万ドル台前半から半ばで買えれば勝ち組になれるかもしれません。

スポンサーリンク

 

  • シンプルで信頼性の高い車こそが、トヨタを今の地位に押し上げたのです。この5年以上、彼らは何を考えていたのでしょう。彼らは彼らが誰であるかを忘れてしまったようです。これらのすべてのCVTの、ターボ、ハイブリッド、およびエッジの効いた/未来的なスタイリングの手がかりは、トヨタの評判を台無しにしようとしています。
  • トヨタのハイブリッドは、非常に高い信頼性を誇っています。コンシューマーレポートでは、最も信頼性の高い車として評価されており、トヨタのメーカー信頼性評価はレクサスと並んでトップレベルです。
  • ハイブリッドの信頼性は極めて高くて実績もある。 一方スタイリングは大失敗だった。 トヨタは自分たちの車がつまらなく見えると訴える間違った人々の意見を聞き、そして逆に派手な方向へと進んでしまったのだ。☹️
  • この車にはちょっとがっかりです。avalonのように広くて、スポーツバックがあることを期待していたのですが、スポーツバックではありませんね。
  • リフトバックが欲しい。昔あったスバルアウトバックSUSセダンのハイブリッドみたいな感じかな🤔
  • この車はリフトバックであるべきだった。この車も、最初は完璧だと思ったんだけどね。
  • アバロンが欲しい人は誰もあんなの買わないよ...アレ。トヨタは、グリルをプラスチックの使い捨て食品トレイのように見せることに成功したことに賞賛を送りたい
  • この車種がアバロンの直接的な後継車種になるとは思えない...... 後席のヘッドルームとレッグルームが狭く、かなり背の低い車種だ。
  • これはどうなんだろう?トヨタはセダンにするか、クロスオーバーにするかで迷ったみたい。
  • ああ、しかしクロスオーバーの国アメリカではこの車は小さすぎてクロスオーバーとして販売することはできないと私は思う。
  • 多くの車と同様、実物を見る機会があるまで待ちます。とりあえずルックス的に惹かれることはないです。
  • このカラーリングが好きなので、他のも見てみたい。
  • 私の車もほぼ同じ色なので、このペイントに興味をそそられますね。 好きな傾向にあるんですよね。 しかし内装は別物です。 本当に淡白な印象です。
  • あのツートンカラーの塗装はF&Fのヴェイルサイド RX-7を彷彿とさせ、やっぱなんだかつまらなそう。クラウンはカムリより上の豪華なモデルにしてほしい。
  • スタイリングは内外装ともに気に入っている。 しかしツートンカラーが嫌いで、SUVのようにホイールウェル周りに黒いクラッディングを施していることにも疑問を感じる。 そして埋め込み式のナビがなく、サブスクリプションを払わされるのが恨めしい。
  • 私はおそらくこの車のターゲット層(60代前半)ですが、私にとって2つのハードノーがあります・・・2トーンペイントとリフトバックがないことです。
  • 私はトヨタのファンではありません。私の人生の中でトヨタは精彩を欠き、幼少期にトヨタが故障した思い出で汚れています。しかし、昨年トヨタはこのような本当にクールで高品質と思われる製品をリリースしてきました。あえて言うなら私は必要ではなく、選択としてこれを実際に買いたいと思います。
  • トヨタの中で唯一カッコイイと思う。

外観に関しては比較的肯定的な意見が多く見られましたが、カラー、ツートンカラーに関しては否定的な意見が多かったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

https://ux.nu/Tqw6U