芸能人・スポーツ選手の熱愛彼氏彼女、結婚・離婚、水着写真集、性格など気になるニュースまとめ!

365日24時間ニュース

アイドル

加藤美南のインスタ炎上、父親と黒幕説浮上も問題ない理由!NGT48山口真帆事件

更新日:

新潟県に活動拠点を置くAKB48グループの1つ「NGT48」のチームNIIIのキャプテンを務めていたが降格処分となった研究生「加藤美南(かとうみなみ)」さんをご存じだろうか?

山口真帆さん襲撃事件のその後を追いかけていた人は言うまでもなく、ワイドショーでもある事実が報道されたため知ったという人も少なくないだろう。

今回は山口真帆事件の黒幕説も噂される加藤美南(かとうみなみ)さんについてチェックしていこう!

チェック!

  • 加藤美南のプロフィール・経歴
  • 加藤美南、問題発言でSNS炎上
  • 加藤美南に黒幕説浮上
  • 加藤美南の父親とNGT48

スポンサーリンク

NGT48キャプテン 加藤美南(かとう みなみ)のプロフィール・経歴

プロフィール・経歴

  • 名前:加藤 美南(かとう みなみ)
  • ニックネーム:かとみな
  • 生年月日:1999年1月15日
  • 年齢:20歳(2019年5月現在)
  • 出身地:新潟県
  • 身長:152cm
  • 体重:
  • スリーサイズ:
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:バトントワリング・アクロバットパフォーマンス
  • 所属事務所:AKS

加藤美南(かとう みなみ)さんは1999年1月15日生まれの20歳(2019年5月現在)。

出身地である新潟県を本拠地とするアイドルグループ”NGT48の第一期生オーディション”に合格し、お披露目イベントからセンターを務める。

劇場では全国大会にも出場したことがあるバトントワリングの経験や抜群の身体能力を活かしたアクロバティックなパフォーマンスを披露し活躍。

NGT48が発足した翌年には現AKB48グループ総監督・向井地美音(むかいちみおん)が初めてセンターを務めたAKB48の44thシングルの選抜メンバーにNGT48から抜擢!

同年開催されたAKB48 45thシングル選抜総選挙(第8回総選挙)では柏木由紀(かしわぎゆき)さんや北原里英(きたはらりえ)さんらを除く、NGT48の生え抜きメンバーとして唯一76位にランクイン。翌年の第9回総選挙でも71位にランクイン。

AKB48と兼任でNGT48に加入した柏木由紀さんやNGT48の初代劇場支配人を務めた今村悦朗(いまむらえつろう)さんからの信頼厚く、加藤美南(かとう みなみ)さん本人も目標に掲げていた将来の”AKB48の選抜メンバー入り”も期待される逸材だった。

加藤美南(かとう みなみ)のインスタなどSNSが大炎上!

NGT48の初代センターとしてチームN3のキャプテンとして将来を期待されていた加藤美南(かとう みなみ)さん。

しかし山口真帆さんの告発によって状況は一変。

山口真帆襲撃事件

山口真帆さんが自宅マンションへ帰宅後にファンを自称する男二人に顔をつかまれ、口を塞がれるなどの暴行被害にあった事件。

現在アイドルグループとして最大勢力を誇るAKB48グループの現役アイドルが被害に遭うという大事件が起きたにも関わらず、当初大きく報道されることはなった。しかし事件後の対応に不満や疑念を抱いた山口真帆さんの告発によって白日の下にさられた。

メンバーの関与を示唆する発言によってネット上では犯人捜しが行われ、疑惑のメンバーとして西潟茉莉奈(にしがたまりな)さん太野彩香(たのあやか)さんらの名前が浮上。

その中には加藤美南(かとうみなみ)さんの名前も含まれていた。

ただ山口真帆さんを襲撃した実行犯と繋がっていると噂され、槍玉に挙げられた西潟茉莉奈(にしがたまりな)さんと太野彩香(たのあやか)さんに比べると加藤美南(かとうみなみ)さんが話題になることはあまりなかった。

しかし加藤美南(かとうみなみ)さんのあるInstagram(インスタグラム)のストーリー投稿によって矛先は思わぬ方へ。

なんと加藤美南(かとうみなみ)さんが山口真帆さんらの卒業公演を流したTV画面を写し「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」と投稿。

投稿はすぐに削除されたのだがあっという間に拡散して炎上!

NGT48の公式サイトには不適切な投稿と指摘された加藤美南(かとうみなみ)さんの謝罪文が発表されたのだが……。

「このたびは私の軽率な投稿で沢山の方の気分を害してしまったことを深くおわび申し上げます」と陳謝。投稿した理由について「友達だけに公開しようと自分の心境をストーリーに述べたのですが、間違えて全ての人に公開してしまいました」

via:yahoo

謝罪文の中にはあの投稿は山口真帆さんら卒業する3人のニュースを見て”悲しい気持ちになったからチャンネルを変えて欲しかった”のだとも書かれている。

つまり「山口真帆さんらの卒業公演なんて嫌な気分になるから見たくない!」というわけではないのだと。

しかしこの謝罪文は火に更に油を注ぐ結果となってより燃え上がることに。

スポンサーリンク

NGT48 山口真帆事件の黒幕説が浮上!父親とNGT48の関係性

本来なら守られるべきメンバーが守られず、追い出されるような形で卒業していくメンバーたち。

そんな彼女たちの卒業公演は「悲しい気持ちになるから見たくない」という気持ちはわからなくもない。

しかし加藤美南(かとうみなみ)さんが謝罪文の中で語ったそういった気持ちは理解されず、悪意を持って投稿したんだろう?裏で繋がる仲間たちと山口真帆さんらを馬鹿にした投稿を共有して笑っていたんだろう?と捉えられ、炎上することとなってしまっている。

なぜなら加藤美南(かとうみなみ)さんは山口真帆さんを邪魔者扱いする疑惑のメンバーとして名前が挙がる一人であり、それがまるで真実であるかのように信じられているからだ。

今回の投稿を見て「ほらみろ!やっぱりあいつは黒じゃないか!」と。

そして以前から噂のあった黒幕説が再び浮上してきている。

山口真帆さんの告発後すぐに何人かのメンバーが犯人と繋がっていると疑われ、特に西潟茉莉奈(にしがたまりな)さんと太野彩香(たのあやか)さんが槍玉に挙がる中で、実は加藤美南(かとうみなみ)さんが黒幕ではないか?という声もあがっていた。

疑われた理由の1つに加藤美南(かとうみなみ)さんの父親とされる人物にある。

ネットの情報によると加藤美南(かとうみなみ)さんの父親はイベント会社の社長を務めており、その会社はNGT48の握手会などのイベントを取り仕切っている他、新潟県や新潟市、文化庁とも関わりがあり、新潟県では影響力がある会社なのだそうだ。

そのためファンと繋がっていたと噂される加藤美南(かとうみなみ)さんら疑惑のメンバーたちはお咎めなしで守られ、被害を受けた山口真帆さんと彼女に寄り添ったメンバーが追い出される形になったのではないか?と言われている。

確かにNGT48の握手会を取り仕切るイベント会社のご令嬢ということであれば多少の忖度はあるかもしれないなと考えられなくはない。

そんな中で起きた今回のインスタストーリーへの誤爆事件だ。

疑いたくなる気持ちはわかる。

しかしだからといって加藤美南(かとうみなみ)さんが黒幕だ!と決めつけるのはあまりに短絡的すぎはしないだろうか?

別に加藤美南(かとうみなみ)さんを庇うつもりはない。

恐らく山口真帆さんと加藤美南(かとうみなみ)さんはあまり仲が良くなかったというのも本当ではないかと思っている。

山口真帆と加藤美南

疑惑のメンバーとして浮上した人たちにはある共通点がある。その1つが事件後に山口真帆さんからSNSのフォローを外されたという点だ。

これは自由に発言することができない山口真帆さんからの無言のSOS、無言の抵抗だと捉えられている。

しかし黒幕だと噂される加藤美南(かとうみなみ)さんはフォローを外されていない。実はそもそもフォローすらされていなかったと言われているのだ。

つまりもともと山口真帆さんと加藤美南(かとうみなみ)さんは折り合いが悪かったのではないかと推測されているのだ。

卒業する山口真帆さんらに一切触れない対応には疑問を抱いているし、インスタストーリーへの誤爆も呆れるばかりだ。

しかしだからといって確たる証拠もない状況で加藤美南(かとうみなみ)さんを黒幕であると決めつけるのは時期尚早だと言わざるを得ない。

疑わしきは罰せず。疑わしきは被告人の利益に。

まとめ

今回のインスタストーリーへの誤爆を受けて加藤美南(かとうみなみ)さんらが山口真帆さんを良く思っておらず、NGT48(の一部メンバー)は本当にどうしようもないなと多くの人たちが思ったことだろう。

はっきりいって研究生に降格となった加藤美南(かとうみなみ)さんは言うまでもないが、疑惑の目を向けられているメンバーたちがこれからアイドルとして成功することは非常に、非常に難しいと言わざるを得ない。

ただアイドルとしての道を閉ざされたとしても加藤美南(かとうみなみ)さんにとってはそれほど大きな問題ではないのではないかという気がしないでもない。

加藤美南(かとうみなみ)さんが本当に新潟県で影響力を持つ会社のご令嬢なのであれば、別に看板だけ大きなグループの中で足の引っ張り合いをして、仲間を追い出して喜んでいるようなローカルアイドルとしての活躍の場を失ったとしても、お金持ちの娘さんとしての人生があるのだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Copyright© 365日24時間ニュース , 2020 All Rights Reserved.